blenderでガラスの質感を作る方法【ガラス玉の作り方】

blenderガラスの質感を作る方法

blenderを使って様々なものを3次元空間に生み出すことができますが、私が一番好きなのはガラス玉などのガラスの質感を作ることです。ダイヤモンドの形のメッシュを使えばジュエリーデザインなどにも応用することが出来ます。この記事では簡単にガラスの質感を出しながらガラス玉を作る方法について説明していきます!

blenderでガラスの質感を作る方法

球形メッシュを追加する

まず最初に、デフォルトで現れるキューブを消去します。シフト+xで簡単に消すことができましたよね。キューブを消したら今度は「UV Sphere」メッシュを追加します。シフト+aで簡単にメッシュの追加をすることが出来ます。もちろん左上の「Add」ボタンをクリックしてドロップダウンメニューから選ぶこともできます。

モディファイアで表面を滑らかにする

画面に現れる球は表面がガタガタしていてスムーズではありませんね。これをスムーズにするためには、右下プロパティ欄のモディファイアタブ(青いレンチのマーク)をクリックします。「Add Modifier」と書いてあるところをクリックし、ドロップダウンメニューから「Subdivision Surface」を選択します。

開いたプロパティ欄の「Levels Viewport」の数値を5にあげます。数値が上がるに連れて球がだんだんと滑らかになるのがわかると思います。これでスムーズな表面の球が出来上がりました。

マテリアルをガラスに変える

今度は同じくプロパティ欄にあるマテリアルプロパティ(一番下の赤い球形のマーク)をクリックします。「New」をクリックしたあと、現れた画面の「Surface」のところを「Glass BSDF」に変えます。デフォルトで色は白になっていますが、もしガラスに色づけしたいのであれば「Color」を変えれば、ガラスに色づけすることができます。

右上のボタンでマテリアルプレビューに変えて見ると、球が透明になったのがわかると思います。さらに「Roughness」というところの数値がデフォルトでは0.5になっているのを0に変えると、表面がツルツルのガラス玉にすることができます。曇りガラスのガラス玉を作るのであれば、「Roughness」は0.5のままでOKです。

ガラス玉を複製する

今画面には1つしかガラス玉がありませんが、もっとたくさんのガラス玉を作りたいというのであれば、球を選択した状態で「シフト+d」を押すと複製することができます。「d」は「Duplicate(複製)」から来ています。

複製したメッシュはオリジナルのメッシュの上に重なって現れるので、そのままマウスを動かして空間の別の場所に移動させてください。移動させた後にクリックするとその場所に固定されます。とりあえず5つのガラス玉を作ってみました。

撮影用の背景を作る

これでガラス玉自体は完成なのですが、今のままだと暗い宇宙空間にガラス玉が浮いているような状態で、私たちがイメージするようなキラキラしたガラス玉のように見えません。ガラス玉が綺麗に見えるように、背景を作っていきたいと思います。

スタジオの床を作る

「Add」タブの中から「Plane」を選択して追加します。背景になるにはちょっと小さいと思うので、「s」キーを押した後にマウスを動かしてメッシュのサイズを大きくします。「Plane」を追加するとガラス玉の真ん中あたりに現れてしまうので、右下のオブジェクトプロパティたぶの「Location」のZ軸の値を−3などにして、メッシュの位置をZ軸に沿って下に下げます。

壁を作る

写真スタジオなどでもそうですが、撮影のためには床だけでなく壁もあった方が背景にしやすいですよね。というわけで、床にしたメッシュを「シフト+d」で複製します。複製したメッシュの回転を「Rotation」のところをX=90度、Z=180度に変えて壁を作ります。サイズが合わない場合は「s」キーとマウスで調整して見てくださいね。床と壁ができてスタジオらしくなって来ました!

照明を調整する

デフォルトだとちょっと照明が暗いかなと思うので、今度はライトを調節してみます。右上のアウトライナーにある「light」をクリックし、プロパティの中の「オブジェクトデータプロパティ」タブをクリックします。デフォルトでは「Power」の数値が1000wになっていると思いますが、これを3000wに上げます。すると空間のライトが明るくなるのがわかると思います。

レンダーする

右上のボタンでレンダープレビューに変えます。レンダープレビューは最終的にできる画像のプレビューのはずですが、レンダープレビューで見ても透明感があまり出ていませんね。それではどうすれば良いのかというと、プロパティ欄にある「レンダープロパティ」タブをクリックします。「Render Engine」というところが「Eevee」となっていると思いますが、これをクリックしてドロップダウンメニューから「Cycle」を選びます。

ガラス玉の完成

すると以下のスクリーンショットのように綺麗なガラス玉が現れます!透明感、影、色、どれをとっても綺麗なガラス玉と言えますよね。これでblenderを使って作るガラス玉の完成です。

メッシュの形に宝石のような形のものもたくさんあるので、ガラス玉に限らず、好きな形と色の宝石を作って見てくださいね。

Facebooktwitterpinterestlinkedinmail