blender螺旋階段の作り方

blender螺旋階段の作り方

blenderでインテリアデザインやアニメーション制作をしていくと、螺旋階段はどうやって作れば良いのだろうと思うことがあると思います。ヨーロッパ風のお洒落なインテリアや、空想の世界のお城などに、螺旋階段があったら素敵ですよね。

くるりと回転しながら、一段一段と上がっていく螺旋階段は、CGで作れば簡単そうな気がしますが、やり方を心得ていないとなかなか難しいものです。また、巷に出回っている螺旋階段の作り方チュートリアルは、凝りすぎていて難しいものもあります。この記事では、blenderでできるだけ簡単に螺旋階段を作る方法をご紹介したいと思います。

blender螺旋階段の作り方

円を追加する

まず最初に、追加ボタンをクリックして、円を導入します。円を囲む頂点の数はデフォルトの32のままでOKです。円の半径は1mに設定しておきます。

もちろん作りたい螺旋階段のサイズに合わせて半径を変えて構わないのですが、 後で導入する「エンプティ」の大きさとサイズを合わせる必要があります。よってここでは1mで話を進めたいと思います。

面にして分割する

次にオブジェクトモードからエディットモードに切り替えます。円を取り囲む32の頂点が全て選択されている状態で「F」キーを押して、円の形の面を作ります。

オブジェクトの全ての頂点を同時に選択するには、「A」キーを押すのが便利です。そのほかのやり方としては、頂点のあるエリアをマウスで囲うように選択するか、あるいはシフトキーを利用して選択することも可能です。

円の形の面を作ることができたら、今度は「I」キーを押して面を分割していきます。分割の際に、中心部に好きなサイズの内円を残すことができます。螺旋階段の場合は、真ん中に空間が空いていたり、柱が立っていたりすることが多いですよね。

このスペースを開けたくない場合は、左下のプロパティパネルで厚みを1にしてしまいましょう。以下のスクリーンショットでは厚みを0.7にして真ん中にスペースを残しています。

一つを残して削除する

今度は画面左上にある、面の選択をクリックしてから「A」キーを押して全ての面を選択します。シフトキーを押しながら、X軸にのすぐ右側にある面をクリックして、選択から外します。そのまま右クリックで1つの面以外全て削除してしまいます。この残された1面が階段の一段一段の元になります。

階段に厚みをつける

螺旋階段を作るためには、階段に厚みが必要です。よって、残された一つの面が選択された状態で「E」キーを押してから、「Z」キーを押して、マウスをZ軸方向に動かして面をエクストリュードさせます。厚みは作りたい階段の段差に合わせて変えて調整してみましょう。

エンプティを追加する

タブキーを押して、再びエディットモードからオブジェクトモードに戻します。追加ボタンからエンプティを追加します。エンプティの半径は、最初に導入した円のサイズに合わせて1mに設定します。このエンプティは、階段を螺旋状に回転させるときの指標に使うものです。

アレイモディファイアを適用する

階段を選択した状態で、右下のプロパティパネルのモディファイアタブで、「アレイ」モディファイアを選んで適用します。

プロパティパネルで、モディファイアの詳細を設定していきます。まず、カウントを32にします。これが螺旋階段の段数になります。最初に円の分割を行った時に、32当分にしたので、32段で1周になります。

ただ、この状態では、階段が縦に積まれた状態になっているので、螺旋状にずらす必要がありますね。そのために、先ほど追加したエンプティを利用します。階段とエンプティを関連づけるために、プロパティパネルの「オブジェクトオフセット」のところで、エンプティを選択しておきます。

エンプティを回転させる

再びエンプティをクリックして、選択します。プロパティパネルのトランフォームタブで、Z軸方向の回転角度を0度から12度に変えます。正確には360度÷32段なので、11.25度でピッタリ一周を作ることができます。

これで基本的な螺旋階段の完成です!

螺旋階段の応用

螺旋階段の基本的な作り方は上記の通りなので、ご理解いただけたと思います。これを少し応用すると、もう少し凝った螺旋階段を作ることができます。

階段の上板をつける

例えば、階段が、シンプルなブロック状の形ではなく、上板が乗せられたよりリアルな階段を作りたい場合は、1段目だけにデザインを加えれば、残りの階段も全く同じエフェクトを継承するようになります。

下のスクリーンショットでは、エディットモードで階段の上部に当たるところをエクストルードさせて上板の部分を作っています。

同様に手すりを作りたい時も、一段目にデザインを施せば、残りの階段も同様のデザインが反映されることになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?螺旋階段を作る際のポイントは、アレイモディファイアとエンプティの回転を利用するところです。

この記事でご紹介した基本的な螺旋階段の作り方を利用して、皆さんも素敵な螺旋階段を作ってみてくださいね!

Facebooktwitterpinterestlinkedinmail