ビジネスで使える丁寧な英語表現【すぐに使える便利な表現集】

「丁寧な英語のビジネスメールを書きたいけれど、どんな表現を使えばいいのかよくわからない」「お願いごとをするときにどんな言い方をすれば適切なのかわからない」という人のために、今日は英語の丁寧な言い回しについてまとめてみたいと思います。

言葉というのは人の思考や人間性を豊かに反映するものです。日本人の謙虚さや思慮深さは、世界にも高く評価される気質なので、英語を話すときにもそういった配慮が相手に伝わると良いですよね。一般に、英語で何かを伝えるときは、日本語で言うときよりも「ダイレクトに」表現するようにと言われます。ただ、これは「より簡潔に情報を伝達する」という意味であって、「無作法にものを言う」ということではありません。

さらにビジネス英語では「行動を促す簡潔な表現」が好まれますので、人に何か行動をとってもらうようなお願いをするときに使える丁寧な表現を覚えておくと非常に便利です。簡潔性と情報性を持ちながらも、心遣いのある英語を話せるコミュニケーション上手なビジネスパーソンを目指しましょう。

英語で丁寧なビジネスメールに使える表現

  • 〜していただけますか?
  • 〜していただくことはできますでしょうか?
  • 〜していただけると助かります。
  • 〜していただけますと有難く存じます。
  • もし不都合でなければ、〜していただきたいです。

「〜していただけますか?」

おそらく学校の英語の授業でも習ったこの2つの表現の違いはみなさんもご存知かと思います。

Can you 〜?(〜してくれますか?)
Could you 〜?(〜していただけますか?)

後者の方がより丁寧な表現になります。ビジネスの場で目上の人やクライアントに対して何かお願いをするのであれば、より丁寧な表現のほうがいいですね。英語のビジネス環境においては、日本語の敬語ほど気にせずに両方の表現を使いますが、念のため違いを意識した上で使うとよいと思います。「Could you please 〜?」としてもいいですね。

「〜していただくことはできますでしょうか?」

上記の「Could」と同様に仮定法の「would」を使って、丁寧な表現を作ることもできます。

Would you be able to 〜 ?(〜していただくことはできますでしょうか?)
Would you be so kind to 〜?(〜していただくことはできますでしょうか?)

一般に現在形ではなく仮定法を使ってお願い事をするとより間接的な印象になるため、相手にもうまく配慮や心遣いを伝えることができます。

「〜していただけると助かります。」

他にもこの仮定法を使った表現に以下のようなものがあります。

It would be great if you could 〜.(〜していただけると素晴らしいです。)
It would be helpful if you could 〜.(〜していただけると助かります。)

この2つも非常によく使われる表現です。

「〜していただけますと有難く存じます。」

似たような表現で、もう少し丁寧な感じがするのが以下の2つです。これは上記の「助かります」の表現が繰り返されてしまうようなときに、バリエーションとして使うのにも適しています。

I would appreciate it if you could 〜.(〜していただけますと有難く存じます。)
I would be grateful if you could 〜.(〜していただけますと有難く存じます。)

これにさらなる感謝の意を込めて言いたいのであれば、

I would really appreciate it if you could 〜.(〜していただけますと大変有難く存じます。)
I would be hugely grateful if you could 〜.(〜していただけますと大変有難く存じます。)

とすることもできます。

「もし不都合でなければ、〜していただきたいです。」

それから配慮の意を分の最後につけることもできます。

I would like you to 〜 if you don’t mind.(もし不都合でなければ〜してください。)
I would like you to 〜 if that’s OK with you.(もし不都合でなければ〜してください。)

「I want you to 〜」ではなく「 I would like you to 〜」と仮定法を使うようにしてください。この文の最後に入る表現は、人にお願いをしたことに対して、いくぶんの申し訳なさがあって、その間の悪さを埋めるかのような表現に聞こえます。お願いをしたことのアグレッシブさを和らげる表現とも言えるので、特に会話などではつけておくと横柄に聞こえることがなく便利です。

特に控えめなことでよく知られているイギリス人は、こういった丁寧な譲歩表現を普段のときもよく使います。例えば、ソファに寝っ転がっているイギリス人の彼氏が、私に向かって一言。

Can you pass me the remote if you don’t mind?(不都合じゃなかったら、ちょっとリモコン取ってくれない?)

さらには昔付き合っていた別のイギリス人に、こんな言葉をかけられたことがあります。

If I were to ask you to marry me, what would you say? (もし僕が君に結婚を申し込んだら、君はなんと言う?)

普通プロポーズをするときは、

Will you marry me?

といいます。本当に結婚してほしいのなら、仮定法は使うべきでないのです。もちろんこのセリフを言った男性とは結婚しなかったのですが、このエピソードをイギリス人に話すとみんな「なんてイギリス人らしんだろう!」と言って笑います。それくらい遠回しな、保険をかけたみたいな言い方をするというメンタリティがイギリス人のアイデンティティとして浸透しているのだと思います。

このエピソードはともかく、こういった言葉の端々に感じるきめ細やかな気遣いや配慮のある表現が、自分の日本人としてのメンタリティとうまく一致するからこそ、私はイギリスに住んでいて居心地が良いのだと思います。逆にネイティブ以外の人からのメールなどで、細やかな配慮の表現の使われていない文章をみると、なんとなく礼がないなと感じてしまいます。たとえ文法的に多少間違っていても、ネイティブが使うこなれた表現でなくても、気遣いのある表現で言葉を発すると意図は伝わるものです。世界でも高く評価される日本人の謙虚さや誠実さを忘れずに英語でもコミュニケーションを取っていってください。

Facebooktwitterpinterestlinkedinmail