英語の母音:発音記号と読み方

母音の発音記号の読み方

英語に登場する音の中には、日本語にはない音もあるため、英語の正しい発音をマスターしたいのであれば、発音記号を使うのが非常に効果的です。発音記号については以下のリンクに詳しく書いています。

英語の音はまず大きく分類すると母音と子音に分けることができますね。この記事では子音についてお話していきますが、子音についての詳細を知りたい方は以下のリンクを参照してください。

英語の母音の発音記号の読み方

英語の母音は全部で19あります。発音記号で書くと以下の表の通りです。

ɪeæɔɪ
əɜːʌɑːəʊ 
ʊɔːɒɪə 

発音記号の読み方を学ぶための方法はいくつかあるのですが、今日は日本人にも一番馴染みやすい「日本語の音との対応で仕分けする」という方法で読み方を学んでいただこうと思います。

まず、英語には全部で19の母音がありますが、これを区分すると短母音、長母音、二重母音の3つに分けることができます

英語の母音と日本語の母音の対応

  • 短母音の発音記号の読み方
  • 長母音の発音記号の読み方
  • 二重母音の発音記号の読み方

このそれぞれを、日本語の母音「ア・イ・ウ・エ・オ」と対応させて見ていきたいと思います。

短母音の発音記号の読み方

短母音は全部で7つあります。

発音記号 単語の例 発音のポイント
æ   bag   日本語の「ア」を口を縦横両方に大きく開いて発音します。
ʌbus日本語の「ア」を唇をリラックスさせた状態で発音します。
ɪ big日本語の「イ」を唇を両脇に開いて発音します。
ʊ book日本語の「ウ」を唇を突き出して発音します。
əa日本語の「ア」と「ウ」の間の音を、唇と顎をリラックスさせた状態で発音します。
ebed日本語の「エ」に対応します。
ɒbox日本語の「オ」を口を縦に開いて発音します。

長母音の発音記号の読み方

長母音は全部で5つあります。日本語の5つの母音に対応させやすいですね。短母音は日本語の5つの母音のように短い音でしたが、長母音はカタカナで書いたときに「ー」と書いて伸ばすような長い音です。

発音記号 単語の例 発音のポイント
ɑ:  art   日本語の「アー」を、唇はリラックスさせ顎を開いた状態で発音します。
i:cheap日本語の「イー」を唇を両サイドに開いて発音します。
u:rule日本語の「ウー」を唇を突き出して発音します。
ɜ:serve日本語の「エー」と「アー」の間の音です。
ɔ:form日本語の「オー」を唇を突き出して発音します。

二重母音の発音記号の読み方

二重母音は全部で7つあります。二重母音は音の初めの音と終わりの音で口の形が変わる音です。日本語の母音にはそのようなものはないので、日本語の母音に対応させる場合は「ア・イ・ウ・エ・オ」いずれかの音の組み合わせのペアとして考えることができます。

発音記号 単語の例 発音のポイント
eɪ  case   日本語の「エイ」に対応します。
ɔɪboy日本語の「オイ」で、「オ」のときに口を縦に開いたところから「イ」に移行します。
life日本語の「アイ」に対応します。
əʊgo日本語の「オウ」で、「ア」と「ウ」の間の音から始め、唇を突き出して終わります。
out日本語の「アウ」で、「ア」では口を縦横両方にしっかり開いたところら始め、唇を突き出して終わります。
ɪəyear日本語の「イア」で、「イ」では唇をスマイルするときのように開き、「ア」では口を半開きにして発音します。
care日本語の「エア」で、「エ」では唇をスマイルするときのように開き、「ア」では口を半開きにして発音します。

「eɪ 」と「əʊ 」には注意が必要です。カタカナで書くと「ケース」や「ゴー」となってしまうため、「エー」や「オー」のように発音してしまいがちですが、二重母音は長母音のように口の形を変えずに伸ばす音ではありません。よって音の終わりには口の形が変化しているということを意識して発音すると正しい音を出すことができます。カタカナで書くときも「ケイス」や「ゴウ」のように書くようにすると意識する癖がついていいと思います

また、二重母音は日本人にとっては2つの母音の組み合わせになりますが、2つの音の間のシフトは非常にスムーズになります。口の形が変わっても、一つの音に聞こえるように、必ず一息で口の動きをできるだけ滑らかにするように意識してみてください。

日本人が苦手な英語の母音

今度は、日本人が特に間違いやすい6つの母音の音について詳しく見ていきます。カタカナにもなっている英単語は特に日本語の音が体に染みついているため、ネイティブの発音とはだいぶ違う音で発音していることがあります。それでは早速みなさんがどれくらいカタカナ英語に騙されているか、チェックしていきましょう。

  1. ラストの [ ɑː ]
  2. ファーストの [ ɜː ] 
  3. ボールの [ ɔː ] 
  4. フォーンの [ əʊ ]
  5. アップルの [ æ ] 
  6. バスの [ ʌ ] 

1. ラストの [ ɑː ]

まず最初は、[ ɑː ]の発音です。

last
日本語だとラストですが、「ラースト」ともう少し長い音になります。

pass
こちらも日本語だとパスですが、「パース」と長めに発音します。

afternoon
これも同じで、「アフタヌーン」ではなく、「アーフタヌーン」です。

ask
「アスク」も「アースク」と長めに発音してください。

castle
日本語だと「キャッスル」と言いがちですが、吃音も「キャ」の音もなく「カースル」になります。

2. ファーストの [ ɜː ] 

first
日本語では「ファースト」ですが、先ほど見た「アー」と混同しないように注意が必要です。「ア」と「エ」の間くらいの音になります。上顎と下顎の間が「アー」よりも狭くなります。

church
「チャーチ」も先ほどの「アー」とは区別して発音するようにしましょう。

person
「パーソン」も「ア」と「エ」の間の音です。

early
「アーリー」も「アー」ではなく「ア/エーリー」です。

learn
「ラーン」も「アー」のように喉を開きすぎず、「エ」という時くらいの半開き状態にするとうまく発音できます。

3. ボールの [ ɔː ] 

ball
「ボール」はストレスの位置さえしっかり意識していれば、それほど難しくないですね。「ボウル」のように「ウ」を入れないように注意してください。

more
日本語だと「モア」になりますが、ここに「ア」は必要ありません。RPと呼ばれるスタンダード英語の発音では「モー」になります。

store
こちらも「モア」と同様に、「ストア」の「ア」は省略して、「ストー」になります。

door
これも同じです。「ドア」ではなく、「ドー」で大丈夫です。

law
最後に「w」が入っているので「ロウ」と発音していた人もいるかもしれません。でも「ウ」は必要ありません。「ロー」です。

4. フォーンの [ əʊ ]

phone
先ほど見た「ボール」の「オー」と同じ発音だと思った人、残念ながら不正解です!「フォーン」ではなく、こちらは「フォウン」という感じになります。

bowl
この単語は、球技に使うボールではなく、料理に使う器などのボールですね。これは、球技のボールとは違う発音なので注意してください!「ボウル」です。

hotel
日本語では「ホテル」ですが、「ホウテル」というように「ウ」を入れて発音してください。

post
こちらも同様に、「ポスト」ではなく「ポウスト」と「ウ」が入ります。

low
先ほどみた法律の「ロー」とは違って、こちらは低いことを表す単語です。こちらは「ロー」と伸ばさずに「ウ」を入れて「ロウ」になります。

5. アップルの [ æ ] 

次は[ æ ]の発音について見ていきます。 

apple
口は結構しっかりめに開けてもらって、舌の奥の方が少し上がっているイメージです。私は人に教えるときなどちょっと大げさにやってますが、みなさんも最初はわざとらしくやるくらいがちょうどいいと思います。慣れてきたらだんだん自然になるように調性していけばいいのです。

happy
こちらも吃音は飛ばして、口をしっかり開けて発音しましょう。「ハッピー」じゃなくて、「ハピー」という感じです。

talent
「タレント」は最初の音節にストレスがきます。

animal
こちらもしっかり口を開けて発音します。

back
日本語で「バック」というよりも口を横に広めに開くイメージで言うとうまく発音できます。

6. バスの [ ʌ ] 

次は[ ʌ ]の発音について見ていきます。 

bus
「バス」の発音は[ æ ]ではないので注意してください。日本語の「バ」よりももう少し顎を狭めに開き、唇をリラックスさせた状態で発音する音です。

club
「クラブ」も「ラ」というときよりももう少し口元をリラックスさせて発音します。またアクセントの位置が「ク」ではなく、母音のある「ラ」にきます。

cup
こちらも同じで口をあまり横に開かずリラックスさせた状態で「カ」と発生します。

plus
「プラス」もアクセントの位置は「プ」ではなく「ラ」にきます。この「ラ」もリラックスした短い音です。

up

「アップ」も「ア」は口をリラックスさせ、吃音を飛ばして「アプ」のように発音します。

みなさんどれくらいカタカナ英語に騙されていましたか?まずは、英語の発音はカタカナで私たち日本人が認識しているの違うものがたくさんある!ということを意識していただければ、それが大事な一歩です。

英語の発音は綴りと対応しないのが厄介なところです。英会話頻出1000単語から割り出した、できる限りの発音と綴りの対応ルールについては以下の記事でご紹介しています。綴りとの関係が知りたいという方は以下のご参照ください。

英語の発音のルール【母音の発音と綴りの関係完全保存版!】

これで英語の母音の音についてはしっかりと理解いただけたと思います。今度英語を発音するときは、カタカナの音に騙されないように、英語の母音の音をしっかりと意識して発音してみてください!

Facebooktwitterpinterestlinkedinmail