英語脳の作り方【実践的な鍛え方とコツ】

英語脳の鍛え方

英語脳を作ると、英語を聞いて理解したり、思考して話したりするスピードが断然速くなります。この記事では日本語を介さずに英語で思考できるようになるための実践的な方法とコツについてお話していきます。

英語脳の作り方

英語脳とは何か?

複数の言語を話す人は、その時に使用している言語によって脳の異なる部分を使っていると言われています。昔科学のドキュメンタリー番組で見たことがありますが、例えば英語を話している時と、日本を話している時の脳の様子を観察すると、活性化されている箇所が違うというものですね。英語脳を作るというのは、脳の中に活性化する2つ目の領域を作るということになります。

とはいえ、脳の中にチップを埋め込むというわけには今の所行かないため、私たちが実際にやるのは、できる限り日本を介さずに英語を聞いて理解し、また日本語を介さずに英語を話すという作業になります。

モノの概念と英単語を結び付ける

では具体的にどのようにすれば英語脳を作ることができるのでしょうか?私自身、イギリスに留学したての頃は、英語を聞いた時の理解のスピード、また発言する際の反応のスピードが遅いことにフラストレーションを感じていました。何が時間を割いているのが分析してみると、日本語を介している時間が邪魔をしていることに気づきました。

例えば、「悲しい気持ち」を感じているとします。それを英語で伝えるために、まず私たちは「悲しい」という日本語を思いつきます。その次に「悲しい」という言葉の英訳を考え流という作業をしています。

つまり、頭の中で「物事の概念」→「日本語」→「英語の訳」という過程を通っているのです。英語により速くたどり着くためには「日本語」の部分を削って、概念と英単語を直接リンクさせてしまえばいいことは明白です。

モノを見て英語をいう練習

私自身が昔よくやっていた練習法でもっとも効果があったのは、バスに乗っている時に窓から見えるものを即座に英語で言うと言う作業です。見たものを日本語を介さずに即座に英単語で表すのです。英語が流暢に話せるようになった今でもそうなのですが、あるモノを見たときに、口をついて出てくるのはよりよく使っている言葉です。

例えば、自宅のリビングにあるテレビの受像機を見たとき、私の頭にまず先に浮かんでくる言葉は「テレビ」ではなく、「TV」という言葉です。なぜなら、私は日本語の話せないイギリス人のパートナーと暮らしているため、自宅で日本語を話すことはないからです。

モノを見て、日本語が頭に浮かぶ前に英語でそのモノの名前を言うと言う練習をぜひしてみてください。目に入るもの全てに対してそれをやってみましょう。家にいるのであれば、TV, table, chair, clock, door, sofa, bookなどと、モノを見た直後に反応する練習をすると、英語の反応スピードが速くなります。

英語脳を使って思考する

知っている英単語を組み合わせて文を構成する

モノの概念と英単語を直接リンクさせることの他に英語脳を作る方法として、知っている単語の組み合わせだけで英文を構成するという方法があります。ある考えを言葉にするに当たって、日本語で文を構成したあとでその文を英訳しようとするのではなく、知っている英単語だけを組み合わせてなんとか自分の考えに近い文を組み立てるように意識します。

最初のうちは語彙が足りないため、あまり広い考えを伝えることができないかもしれません。でも、すぐに辞書を引くのではなく、なんとか知っている言葉を組み合わせて意志を伝え用途することを繰り返しているうちに、必ず日本語に頼らずに英語を話せるようになっていきます。

実際、私自身が英語を話せるようになっていった過程でも、他の人に差をつけることができたのはこのプロセスがあったからだと思っています。

新出単語は必ず例文と共に学ぶ

全く意味のわからない単語に出会って、英和辞典を引いて意味を調べる時は、必ず例文を2つ以上確認しましょう。英単語と日本語の訳語を対応させるだけだと、概念として定着しないからです。

例文を複数確認し、どのように使われているのか、どのような文脈で使われる言葉なのかを理解すると、実際に会話の中で使うときに自分の思考と繋がりやすくなり、また微妙なニュアンスを理解することもできるようになります。

類語を調べる

出来るだけ日本語を介さずに語彙を増やす方法として、類語を調べるという方法があります。英英辞典を使うことも可能ですが、ただでさえ面倒な英語の勉強の際に、新しい単語がでてくるごとに意味の説明を英語で読んでいたら、どんどん勉強が億劫になってしまいます。

私も英語脳を作るために、英英辞典を使おうと思ったことがあったのですが、効率が悪いためやめました。今でも英英辞典は使っていません。それよりはGoogle検索などで、ある単語とともに「Synonyms」と検索して、出てくる語を確認したり、その後を英和辞典で調べたりした方が断然効率が良いです。

英語脳のメリットとデメリット

英語のインプットとアウトプットが速くなる

上記でも少し言及した通り、日本語を介さずに英語脳を使って英語を聞いたり話したり、あるいは理解したり思考したりすることのメリットは、日本語からの変換という無駄を省いているために、インプットとアウトプットがともに格段に速くなる点です。英語だけで物事を捉えたり、考えたりしようとすると、初めのうちは様々な制限を感じると思います。でも英語脳が育ってくると同時に、日本語を介している人よりも理解したり、発言したりするのが速くなるのを感じるはずです。

翻訳や通訳には別の訓練が必要

英語脳を作ることにフォーカスすると、完全に英語の世界の中で思考するようになるため、日本語を介する翻訳や通訳といった能力の訓練にはなりません。英語で言われたことを概念として捉えることはできても、脳の異なる部分を使っている日本語でそれを言葉にしようとすると、スムーズに行かないのです。

2つの言語を話せるということと、翻訳や通訳ができるということの間には、少しギャップがあります。つまり、翻訳や通訳をするためには、日本語脳と英語脳の間に、しっかりとしたブリッジが渡される必要があるのです。そのためには、2つの言語間の相互変換を速くするためのトレーニングが必要です。

でも、英語をより流暢に話したい、ネイティブのように理解したいというのであれば、英語脳は間違いなく役立ちます。上記の方法で、ぜひ皆さんも英語脳を鍛えてみてくださいね。

www.yuko.tv/pronunciation

Facebooktwitterpinterestlinkedinmail