フランス語の勉強に使えるオススメ動画

語学を学習するにはその言語の動画や音声を聞くのは一番!とは言ったものですが、英語ならまだしも第二外国語の動画となると何を見たらいいか最初はよくわからないですよね。私自身、興味をそそられ、かつ聞きとりやすく、適度な長さと本数のあるビデオをいろいろと探しました。同じように良いビデオ教材を探しているフランス語学習者のために、私が実際に見ながら勉強しているオススメのYouTubeチャンネルをいくつかご紹介したいと思います。

フランス語の勉強に使えるオススメ動画

ARTE Journal Junior

私の最近の一番のお気に入りは、フランスとドイツの公共放送アルテによるフランス語の子ども向けニュースのYouTubeチャンネルです。アップロードされるニュースのビデオは2〜6分程度の長さのもので、語学学習にちょうどいいサイズの動画といえます。6分なら知らない単語を調べたりしても、1日1本視聴することができますよね。

ニュース番組のようなスタイルのものだと、アナウンサーやナレーターが話すため、標準的なフランス語ではっきりと話されるため、ドラマや会話形式のものに比べて聞き取りやすくもあります。時事ネタを扱っているので、最近話題のトピックについての語彙を増やすこともできるのが嬉しいですね。

Inner French

こちらはワルシャワでフランス語を教えるフランス人の先生ヒューゴによるYouTubeチャンネルです。語学学習を目標としたチャンネルでありながら、フランス語を教えてもらうというビデオではなく、わかりやすいフランス語で生徒が興味を持ちそうなテーマの話をするという内容になっています。

イディオムなど言い回しについての説明はありますが、文法などの説明はほとんどなく、ラジオなどを聞くような感覚でとにかく聴いて楽しむことができます。先生の話し方もクリアで非常に聞き取りやすいので、私こんなにフランス語がわかるかも?!と自信がつきます。

同じ先生が運営しているサイトで、ポッドキャストを聞くこともできます。ポッドキャストは1本30分くらいの長さなので、移動中などに聞くのにも便利です。サイトに無料登録すると書き起こしを見ることもできます。初級のビデオは色々出回っていますが、そこから先に進むとちょうど良い教材が少ない中で、かなりおすすめのチャンネルです。

Extra French

イギリスの放送局チャンネル4が作った、語学学習を目的としたシチュエーションコメディのフランス語版です。(ドイツ語版、スペイン語版もあります。)アメリカ人の男性が、パリで暮らす二人の女友達のところに現れて、隣の部屋に住むもう一人のフランス人男性も巻き込んでホームステイをすることになるという想定で始まります。

アメリカの人気ドラマ「フレンズ」を想像させるノリで、恋愛、仕事、家族などをネタに笑いどころ満載なのですが、初級学習者向けにドラマを楽しみながらも基本語彙や基本表現を学べるようになっています。セリフがかなりシンプルな表現で構成されているのと、登場する役者さんたちがかなりゆっくりはっきり話しているので、普通のドラマを見るよりはるかにわかりやすいです。

1本の長さは30分で初級学習者向けですが、コメディなので飽きさせません。全部で13話ですが、個人的にはもっと作って欲しかった!

TV5 MONDE

こちらもフランスの放送局のチャンネルで、色々なテーマのものがありますが、私のお気に入りは旅をテーマとした「Voyage Vert Vous」というプレイリストです。世界の美しい風景を見ながら、その国についての説明のナレーションをフランス語で聞くことができます。

こちらも会話形式ではなく、ナレーションなのではっきりと話されていて非常に聞きやすいです。ただ地形の説明だったり文化の説明だったりがされている部分は日常生活に馴染みのない単語も出てくるのでちょっと難しい部分もあります。

でも、BGMとナレーターの声がとても癒される雰囲気なので、勉強というムードから解放されて気分転換にもなるので、映像に注目しながら楽しんで見た方が良さそうですね。BGMの音量がちょっと大きいのが残念な点です。

ARTE

最初に紹介したアルテの一般向けチャンネルです。テレビ番組を見ることができます。アートや歴史、科学、時事問題などを広く扱った知的なチャンネルなので、知識を深めながらフランス語を学ぶことができます。

動画によって数分のものから、もう少し長い30分サイズのものまであるので、フランス語にがっつり浸りたい、しっかり勉強したいという人におすすめです。長時間同じナレーターの話を聞いていると、だんだん慣れてくるという側面もあります。

またフランスの文化やフランス人の視点を知ることができる意味でもこのチャンネルはおすすめです。放送局が作っているだけあって、映像や資料なども好奇心をそそるものが満載です。

動画を見て勉強する際のポイント

楽しむことを忘れない

勉強のために動画を見ようとすると、つい細かいことにとらわれすぎてしまいがちです。わからない単語が出てくると、それを全部調べようとしてしまいますし、文法的に意味を成そうと同じ箇所を何度も繰り返して見たりすることもあると思います。

でも、脳はリラックスしているとき、楽しいと感じているときにこそ、最大のパフォーマンスを発揮するということを忘れないでください。辞書を引くのは何度も繰り返し出てきて気になる単語に留め、それよりも流れを理解することを意識する方が、結果的により多くのフランス語に触れることになるはずです。

概念とフランス語を結びつける

英語脳の作り方についての記事でも書いたのですが、語学習得に当たって重要なのは、その言語でインプット、理解、思考、アウトプットまでのプロセスを全て行える仕組みを脳の中に作ることです。ですから、辞書を引いて日本語の訳語と対応させるのではなく、実際に動画に映っている「モノ」とフランス語を対応させる努力をするようにしてみてください。

現地に行った擬似体験をする

現地に行った擬似体験を得られるのが動画を使って語学を学ぶことの利点でもあります。もちろん自分の身をある状況に置いてその環境と言葉を関連づけるのが一番良いのでしょうが、動画でも擬似的な体験をすることができます。フランスに住んでいたら、フランスのテレビ番組を見るでしょう。その意味でも実際に現地でその言語を学ぶのに近い経験を動画から得ようとすると、よりリアルな語学学習が可能になるはずです。

まとめ

英語はマスターできた私自身もフランス語は勉強中の身なので、動画を楽しみ、語学以外の教養を得ながら、ぜひ一緒にフランス語学習を頑張りましょうね!

Facebooktwitterpinterestlinkedinmail