英語の勉強に使える無料教材【テキストはもう必要ない】

英語の勉強はしたいけどお金はかけたくないという人のために、おすすめの無料教材をご紹介したいと思います。本当にコミュニケーションに使える英語を学びたいのであれば、教科書なんていらない!というのが私の考えです。英語圏で生活しているのに近い環境を作り出せるというのが今日ご紹介する教材のポイントになります。

受験英語やTOEIC、TOEFLなど、試験のための勉強をするのなら、テキストを買った方がいいと思います。テストは傾向と対策を制してこそいい点数を出せるという側面があります。この範囲の単語のうちどれくらいの数を知っているか、あるいは、このレベルの文法を知っているか、そういう決まった範囲から問題が出題されるのが試験です。それならば頻出単語に目を通しておくべきですし、試験に出そうな文法も見ておいたほうがいいですよね。

でも、私が英語を上達させてきた過程で、役に立ったと思う教科書というのは一つも思いつかなかったのです。しかもTOEFLのために勉強したくらいの英語では、実際イギリスの大学院に入ってからは全く不十分です。ですから、点数をとるというのが目的でない限り、みなさんには実際に使える英語を勉強していただきたいと思います。

英語の勉強に使える無料教材5選

  • 英語のアップルニュースの見出し
  • 英語のライフスタイルブログ
  • 友達と英語で喋る
  • Podcast
  • YouTube

5位:英語のアップルニュースの見出し

私はiPhoneユーザーなのですが、アラートでもしょっちゅう入ってくるアップルニュースの見出しをよくチェックしています。新聞記事を読む、というのもいいと思うのですが、それだと勉強量としては結構ヘビーです。私は面倒臭がりなので、いろんなことを広く浅くざっくり知りたい!そういうときに、見出しだけチェックするのは便利です。世の中で起こっていることの概要もわかりますし、人と話すときの話題にもできます。見出しだけなら知らない単語があっても1つずつくらいだと思うので、それくらいは辞書を引きましょう。

Apple News – Apple (UK)

4位:ライフスタイルブログ

ニュース記事は時事問題に関わる難しい単語も多いですし、またプロが書いているので凝った言い回しや古風な言い回しも使われています。それに対して、ブログは素人や若い人が書いているので、ストレートな書き方のものが多いです。さらにライフスタイルブログ、例えばファッションとか、コスメとか、インテリアとか食べ物といった記事であれば、難しい表現もあまり出てこないです。しかも普段の生活で使える話題が多いと思うので、学校で習ったくらいの英語の知識でも気軽に読み始めることができます。

こちら↓は私がよく見ているライフスタイルサイトです。

Culture | sheerluxe.com

3位:友達と喋る

もし近くに英語を話す外国人の友達がいるのであれば、これに勝る英語の学習法というか練習法はないと思います。私は語学学習は「楽しくなければいけない!」と思っています。そういう意味で友達と喋るのであれば、楽しみながら英語を使うことができますよね。もちろんさらに良いのは英語を話す恋人を作ることです。好きな相手であれば何としてもその人と話したい、分かりあいたいというモチベーションもマックスに上がります。楽しいことをしていると脳内も活性化されて、自然と英語も身につきやすくなります。

アプリでランゲージエクスチェンジの相手を探すこともできます。 

Tandem Language Exchange App | Find Conversation Exchange Partners

2位:ポッドキャスト

オンライン英会話には様々なサービスが出回っていますが、ポッドキャストを使って勉強している人って以外と少ないように思います。ポッドキャストにも様々なものがあって、BBCなど英語圏の放送局が作っている内容的にハイクオリティなものも揃っています。ただ英語の初中級の学習者にはちょっと敷居が高いかもしれません。

そういうときはネイティブが作っているポッドキャストの英語レッスンなんかを聞いてみてください。ほとんどのポッドキャストは無料です。書き起こし原稿やテキストが欲しい場合は登録が必要だったり、いくらかの課金が必要なこともありますが、本屋さんで買う教材よりずっと安いです。しかもネイティブが話している相当な時間数の無料音声教材です!

さらにポッドキャストだと、視覚に頼ることなく英語に触れることができます。私はフランス語のポッドキャストを移動中によく聞いているのですが、机に向かって勉強するときよりもずっと長い時間、ストレスなく耳を傾けることができています。

1位:YouTube

なぜYouTubeが英語学習に適しているのか、その理由はたくさんあります。まずは長さ。人が喋っているものだと5分から15分程度のビデオが多く、これくらいの長さならストレスなく集中して聞くことができると思うのです。よく映画を見て英語を学ぶといいといったアドバイスを見かけますが、私はその意見には反対です。映画の台詞には凝った表現も多いですし、感情がこもった台詞はネイティブでも時々聞き取れないことがあるとしてニュースになったこともあります。さらに2時間わからない言語を聞き続ける、あるいは英語字幕を読み続けるのは結構辛いです。

YouTubeは語学学習チャンネルに限らず、自分の趣味など好きなネタのものを見ることもできます。興味のある内容のものであれば、少しくらいわからなくても聞き続けることができますよね。さらに字幕を表示させることもできます。視覚と聴覚両方をフルに働かせて学ぶことができるのも良いところです。ネイティブが使っている言い回しなどが自然に入ってくるのも魅力です。

Zoella – YouTube

みなさん、無料教材をフルに活用して、楽しく英語の勉強を続けてください。

Facebooktwitterpinterestlinkedinmail